アフターピル通販ガイド
アフターピルの安全な使い方と通販で購入する際のアドバイス

アフターピルを飲んだのに失敗する例・失敗した場合の対処法

アフターピルの成功率は100%ではありません。タイミングや間違った使用方法によって避妊効果が十分に発揮できないこともあります。ここでは避妊に失敗した例や生理がこない場合の確認方法、失敗した場合の対処法について述べています。避妊効果を最大限に得るために、事前に確認しておきましょう。

避妊に失敗した例

以下でアフターピルを飲んだのに避妊に失敗した原因について、失敗談をもとに述べています。

危険日(排卵日周辺)に性行為を行った

アフターピルは排卵前に服用すれば、排卵を遅らせることができるので、高い避妊効果があります。排卵日や排卵直後に服用すると、子宮内膜を変化させて着床が起こりにくい状態を作ります。ですが、この作用は排卵を遅らせる働きよりも効果が低くなります。

服用するのが遅かった

アフターピルは時間の経過とともに避妊効果が低下していきます。服用するのが遅くならないように、すぐに対処しましょう。特にプラノバールやノルレボを服用する方は、早めに服用してください。

関連: アフターピルはいつまでに飲めばいい?服用時間について

避妊効果の低いアフターピルを服用した

アフターピルは種類によって避妊効果が違います。現在普及しているアフターピルの中で最も避妊効果が低いのはプラノバール(ヤッぺ法)です。より高い避妊効果を得たいのであれば、ノルレボ錠やエラを選びましょう。

服用後に嘔吐してしまった

アフターピルの服用後に嘔吐してしまうと成分が体内に吸収されずに避妊効果が失われてしまう場合があります。プラノバールやノルレボは服用から2時間、エラは服用から3時間以内に嘔吐してしまったら、再度服用してください。

あらかじめ吐き気止めを服用する方もいます。吐いてしまったら、その分服用する時間も遅れるので、予防することが重要です。

関連: アフターピル服用後に吐いた場合の対処法

飲み合わせに注意が必要な薬やサプリメントを服用した

アフターピルには飲み合わせによって避妊効果が低下してしまう薬やサプリメントがあります。種類によって飲み合わせに注意が必要なものが異なるので、以下の関連リンクから確認してください。

関連: アフターピルの飲み合わせ・注意点

服用後、避妊効果を確認する前に性行為をしてしまった

服用後、出血を確認する前に性行為があると妊娠のリスクが高くなります。排卵前にアフターピルを服用すると5日ほど排卵を遅らせることができます。服用後に性行為をおこなうと、排卵する時期と重なってしまい、かえって妊娠しやすくなってしまうことがあります。せっかく妊娠を回避できたのに、その後の性行為で妊娠してしまうのです。このような事態を避けるために、服用後は出血を確認するまで性行為を控えましょう。

関連: アフターピル服用後の性行為について

服用後、生理がこない…確認方法は?

避妊に成功していれば服用後3日~3週間の間に生理が起こります。3週間以上経っても生理がこない場合は、市販の妊娠検査薬を使って確認してください。

関連: アフターピル服用後に生理がこない場合の対処法

妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠検査薬は避妊に失敗した3週間後から使用できます。それより早く使用すると正しい結果が出ないので気を付けましょう。

関連: アフターピル服用後の妊娠検査薬の使用について

生理が来たのに妊娠した?

生理だと思っていたのが着床出血や不正出血の場合もあります。生理があっても性行為から3週間経ったら、妊娠検査薬を使用してください。

出血量が少量の場合には要注意です。生理のような出血が起こるまで待ちましょう。

妊娠検査薬で陽性反応が出たら産婦人科へ

妊娠検査薬の結果が陽性だった場合、なるべく早く産婦人科に行きましょう。今後どうするかはパートナーや医師と相談して決めてください。

出産する場合

妊娠検査薬で陽性が出ても正常妊娠かどうかは判断できません。子宮外妊娠などの異常妊娠や流産の可能性もあるので、必ず受診して検査してもらいましょう。

胎児への影響

プラノバールノルレボを服用後、妊娠した場合でも胎児に影響はないとされています。しかし、新しいタイプのエラはデータが少ないため、胎児への影響の有無を断言することができません。念のため、アフターピルを服用したことを医師に伝えておきましょう。

中絶手術を行う場合

健康上の問題、経済的な理由などから出産が難しい場合、中絶手術を行うことになります。病院によって中絶手術が行える時期は異なりますが、妊娠22週目以降の中絶は法律で禁止されています。妊娠21週目まで中絶手術は行えますが、安全性を考慮して妊娠6週目~9週目に手術を行うことが推奨されています。手術が遅くなると費用も高くなり、身体への負担も大きくなります。妊娠12週目以降になると、中期中絶と呼ばれ、入院が必要になることもあります。なるべく早く産婦人科に行きましょう。

よくある質問

服用後に下痢をしてしまったら、避妊効果は落ちる?

服用後に下痢があっても効果には影響がありません。心配な方は下痢止めを服用しても問題ありません。

アフターピルを12時間以内に服用しても失敗することはある?

アフターピルを正しく服用した場合でも妊娠を阻止できない場合があります。12時間以内に服用すれば、避妊効果は高くなります。しかし、性行為があったのが排卵日や排卵直後だった場合、避妊に失敗してしまうこともあります。

血圧を下げるためのメモ帳
Copyright (C) アット通販 All Rights Reserved.