アフターピル通販ガイド
アフターピルの安全な使い方と通販で購入する際のアドバイス

病院(産婦人科)でアフターピルをもらう場合のメリット・デメリット

アフターピルは処方箋が必要な薬なので、薬局やドラッグストアで市販されていません。病院に行き、処方してもらう必要があります。ここでは病院でのアフターピルのもらい方や値段、メリットやデメリットについて述べています。

通販で購入する場合のメリット・デメリットは アフターピルを通販(個人輸入)で購入する場合のメリット・デメリットをチェックしてみてください。

病院でアフターピルを処方してもらうには?もらい方や値段について

アフターピルは産婦人科・婦人科のある病院やレディースクリニックで処方してもらえます。病院によってはアフターピルを置いていないところもあるので、電話やインターネットで事前に確認しておきましょう。

基本的に問診のみの処方になります。問診では生理周期や性行為があった日、健康状態などを聞かれます。特に問題がなければ処方してもらえますが、喫煙者の方や肥満の方などには処方できない場合があります。

また、病院によってはアフターピルの処方と一緒に、エコー検査や膣洗浄を行っているところもあります。

処方してもらえない場合もある?

アフターピルを処方してもらえないことがあります。医師の診断によって妊娠する可能性がないと判断された場合は安心できますが、その他の理由でもらえない場合には注意が必要です。持病や飲み合わせで服用が禁忌になっている場合、服用時間が過ぎている場合、代理の人が病院に来た場合などもらえない理由は様々です。詳しくは以下の関連リンクで確認しておきましょう。

関連: 病院でアフターピルを処方してもらえないことはある?

保険証はいる?

アフターピルは保険適用外の薬なので、保険証は必要ない場合がほとんどです。しかし、病院によっては保険がきく場合、身分証としての提示をお願いされる場合もあるので、念のため持っていきましょう。

未成年・高校生でももらえる?

未成年の方でもアフターピルは処方してもらえます。ですが、保護者の同意書が必要な場合もあります。事前に病院やクリニックに電話で確認しておきましょう。

病院でのアフターピルの値段の相場

アフターピルにはいくつか種類があります。種類によって値段や効果、副作用が異なります。種類ごとの違いについては アフターピルの種類・自分にあったアフターピルの選び方で詳しく述べています。

以下は病院でのアフターピルの値段(診察料込)の相場です。

プラノバール

4000円~10000円

ノルレボ錠

10000円~20000円

ノルレボジェネリック

5000円~10000円

エラ(国内未承認)

約10000円

アフターピルの値段では病院でのアフターピルの値段や通販サイトでの値段、病院のアフターピルが高い理由について述べています。

病院でアフターピルを処方してもらう場合のメリット

  • 専門医に相談ができる
  • 病院によってはエコー検査をしてもらえる
  • 膣洗浄をしてくれる病院もある
  • 偽物のアフターピルを渡される心配がない
  • 診察日に行けば、その日にもらえる

基本的に問診のみで処方しますが、希望する方にはエコー検査や膣洗浄を行ってくれる病院もあります。費用は薬代と別に5000円~10000円かかります。エコー検査によって排卵状態が確認でき、妊娠しやすい状態なのかなどが分かります。膣洗浄を行うと膣内に残っている精子を洗い流すことができ、妊娠のリスクを下げることができるとされています。

病院でアフターピルを処方してもらう場合のデメリット

  • 通販に比べて価格が高い
  • 欲しいタイプのアフターピルを置いていない場合がある
  • 病院に行く時間、待ち時間がかかる
  • 病院に行くまでの交通費、手間がかかる
  • 人目が気になる
  • まとめ買いができない
  • 休診日や夜中に必要な場合、開院まで待つ必要がある

病院によってはアフターピルを取り扱っていない場合もあるので、事前に確認する必要があります。近くにアフターピルを取り扱っている病院がない場合、病院での待ち時間に加え、遠くの病院に行くまでの時間がかかります。アフターピルは時間の経過とともに避妊効果が下がってしまうので、大きな痛手となります。

また、病院で処方してもらう場合、1回分のみだけで予備の分はもらえません。そのため、副作用などで吐いてしまった場合、再度もらいに行く必要があります。遅れた分だけ、避妊効果は低下してしまいます。

安く購入したい方は通販がおすすめ

出来るだけ安く購入したい方、国内未承認の新しいタイプのアフターピルを使いたい方は、通販での購入がおすすめです。病院より安く購入できるだけでなく、病院に行く時間や手間などを省けます。まとめ買いもできるので緊急時にすぐに使えて安心です。

通販の場合、海外からの発送になり、時間がかかります。そのため、今すぐ欲しいという方は今回は病院に行きましょう。そしていざという時のために、通販で購入しておきましょう。

通販での購入方法については以下の関連記事で詳しく述べています。

関連:

よくある質問

アフターピルは本人以外でも処方してもらえる?

アフターピルは本人が病院に取りに来ない限り、処方してもらえません。代理の方やパートナーの男性の方が病院に行っても貰えません。

血圧を下げるためのメモ帳
Copyright (C) アット通販 All Rights Reserved.