アフターピル通販ガイド
アフターピルの安全な使い方と通販で購入する際のアドバイス

アフターピルの副作用

ここではアフターピルの副作用の症状や、副作用の少ないピル、対処法について述べています。アフターピルは種類によって副作用の現れ方に差があります。また、アフターピルの副作用によって避妊効果に影響が出てしまうこともあるので、服用前に確認しておきましょう。

アフターピルの副作用とは?

アフターピルの副作用として、以下のような症状が現れる場合があります。

  • 頭痛
  • 眠気
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 不正出血
  • 下痢
  • ニキビや肌荒れ

副作用の現れ方には個人差があります。また、アフターピルの種類によっても異なります。

アフターピルの副作用は種類によって現れ方に違いがある

アフターピルの種類によって副作用の現れ方が異なります。最も副作用が現れるのはプラノバール(ヤッぺ法)です。ノルレボ錠やエラは比較的、副作用は出にくくなっています。

プラノバール(ヤッぺ法)の副作用の頻度は高い

プラノバールの副作用は他のアフターピルに比べ、高い頻度で起こります。日本家族計画協会のデータによると、約53.9%の人が吐き気を感じ、12.9%の人が吐いてしまったという報告があります。もし、プラノバールを服用する場合、吐き気止めなどを併用したほうがよいでしょう。

また、プラノバールは重大な副作用として血栓症があります。ふくらはぎのしびれや胸痛、激しい頭痛、視覚障害や息切れなどが現れたら、医療機関を受診してください。

ノルレボ錠の副作用はヤッぺ法よりも少ない

ノルレボは比較的、副作用が少ない種類のアフターピルです。日本産婦人科学会のデータによると、ノルレボ錠を服用した93.3%の人が「副作用は特になかった」と報告しています。ほとんどの人に副作用は現れませんが、まれに吐き気、生理痛のような痛み、下痢などが起こる場合があります。

エラの副作用はノルレボ錠とほぼ同じ確率で起こる

エラはノルレボ錠と同様、副作用が抑えられています。頭痛や吐き気、腹痛、筋肉痛、背中の痛みなどが、約10%の確率で起こるとされています。

アフターピルの副作用はいつからいつまで?

アフターピルの副作用の現れ方には個人差がありますが、服用して1~3時間後から症状が起こり始めたというケースが多いようです。また、副作用が収まるまで、1時間~半日程度かかります。1日以上副作用が続くことはほとんどありません。

アフターピルの副作用の対処法

アフターピルの副作用で最も頻度が高く現れるのは吐き気や嘔吐です。あらかじめ市販の吐き気止めを使用して予防しましょう。また、空腹時に服用すると吐き気が起こりやすくなります。気になる方は、食後に服用してください。難しい場合は牛乳やお菓子と一緒に服用しても問題ありません。

また、頭痛や腹痛などが現れた場合、痛み止めを使用しても問題ありません。

アフターピル服用後、吐いてしまった場合の対処法

アフターピル服用後に嘔吐してしまうと、成分が体内に吸収できずに避妊効果が低下してしまうおそれがあります。ノルレボやプラノバールは服用後2時間以内、エラは3時間以内に吐いてしまった場合、再度服用してください。

関連: アフターピル服用後に吐いた場合の対処法

アフターピル服用後、下痢をしてしまったら?

アフターピルの服用後、下痢をしてしまっても避妊効果に影響はありません。不安な方は下痢止めを服用しましょう。

アフターピルで不妊に?後遺症や胎児への影響は?

アフターピルの服用によって、将来不妊の原因になったり後遺症が残ったりすることはありません。

また、プラノバール、ノルレボ錠を服用した後に妊娠が発覚した場合でも、胎児に影響はないとされています。ですが、エラは妊娠中に服用した場合の胎児や母体に対する影響を調査したデータがないため、断言することができません。もし、服用後に妊娠が分かった場合、医師に相談してください。

よくある質問

アフターピル服用後にお酒を飲んでも問題ない?

アフターピル服用後に、お酒を飲むと副作用が(強く)現れる場合があります。また、飲みすぎて吐いてしまうと避妊効果にも影響が出てしまうので、飲酒は控えましょう。

アフターピルで太る?

アフターピルの副作用で身体がむくみ、体重が増加する場合があります。むくみは水分が体内にたまることで起こりますが、体重が1~2キロ増えることもあります。ですが、一時的なものなので、すぐに元に戻ります。

血圧を下げるためのメモ帳
Copyright (C) アット通販 All Rights Reserved.