アフターピル通販ガイド
アフターピルの安全な使い方と通販で購入する際のアドバイス

アフターピルの飲みすぎは危険?頻繁に使用するべきではない理由

アフターピルは性行為後に服用し、妊娠のリスクを下げることができるお薬です。服用方法が簡単であること、事後の服用でも効果があること、男性に頼らずに女性が行える避妊法であることなどから、頻繁に使用する方がいます。ですが、アフターピルは常備避妊薬ではなく、妊娠を回避するための最後の手段として使用しなければいけません。

ここではアフターピルを頻繁に服用できない理由、アフターピル以外の避妊法について述べています。アフターピルを適切に使用するために、確認しておきましょう。

アフターピルは緊急時のみに服用するためのピルです

アフターピルは緊急時でも避妊効果を得ることが必要なので、低用量ピルの何倍もの量のホルモンが含まれています。

そのため、継続的に使用すると、副作用など身体への負担がかかってしまいます。また、緊急時のために作られたお薬なので、継続利用の安全性は臨床試験で実証されていません。頻繁に使用することで、健康上問題があるかどうかが分かっていないのです。

アフターピルを頻繁に使用しないほうがいい理由

他にも、アフターピルを頻繁に使用しないほうがいい理由として以下のようなことが挙げられます。

  • アフターピルの避妊効果は低用量ピルやコンドームよりも低い
  • アフターピルには性感染症の予防効果はない
  • アフターピルは他の避妊法に比べて値段が高いので、過度に使用すると経済的負担になる
  • ホルモンバランスが崩れ、生理周期の乱れなどにつながる

アフターピルの適切な服用間隔とは

どれくらいの頻度で服用したら「飲みすぎ」になる?

アフターピルを毎月のように使用している、もしくは月に2回以上使用したのであれば、アフターピル以外の避妊法を検討しましょう。

アフターピルは1か月に2回以上使用できない?

アフターピルを頻繁に服用することはおすすめできませんが、妊娠のリスクを最小限にするためにノルレボプラノバールを連続して服用することは可能です。

しかし、生理が来る前に性行為を行うと、1回目のアフターピル服用によって、妊娠のリスクが高まることがあります。アフターピル服用後は性行為を控え、今後の避妊対策を考えるようにしましょう。

アフターピル以外の避妊法を検討しましょう

現在、アフターピルを頻繁に使って避妊をしている方は、別の方法も検討してみてください。避妊方法には、アフターピル以外にもコンドームや低用量ピル、IUDなどがあります。

避妊法

参考:あすか製薬株式会社

計画的な避妊には低用量ピルとコンドームの併用がおすすめ

様々な避妊法がありますが、低用量ピルとコンドームの併用をおすすめします。他の避妊法は手間がかかる、失敗率が高く実用的ではないなどデメリットがあります。

低用量ピルは1日1錠服用するだけで、ほぼ100%の避妊効果が得られます。低用量ピルとあわせて、性感染症を予防するコンドームを使用することが理想的です。

以下の関連リンクではアフターピル服用後に低用量ピルを飲み始める方法について詳しく述べています。

関連: アフターピル服用後に低用量ピルを飲み始める方法

血圧を下げるためのメモ帳
Copyright (C) アット通販 All Rights Reserved.