アフターピル通販ガイド
アフターピルの安全な使い方と通販で購入する際のアドバイス

アンウォンテッド72(ノルレボジェネリック)

アンウォンテッドのパッケージ

アンウォンテッド72はノルレボのジェネリックです。ノルレボ錠と成分や効果は同じですが、ノルレボ錠よりも安く購入することができます。

ここではアンウォンテッド72の避妊効果や副作用、飲み方を紹介しています。また、購入方法や値段についても述べていますので、購入前にチェックしておきましょう。

商品名

アンウォンテッド72

製造会社

マンカインドファーマ

成分

レボノルゲストレル1.5mg

錠数

1錠

@通販での価格

1,480円

アンウォンテッド72の避妊効果

アンウォンテッド72の避妊効果は服用する時間が早ければ早いほど、高くなります。以下はノルレボ錠の避妊効果のデータです。(アンウォンテッド72はノルレボ錠のジェネリック医薬品なので、ほぼ同等の避妊効果が得られます。)

性行為後、24時間以内に服用すれば95%の妊娠阻止率が得られますが、49時間~72時間の服用では58%まで下がってしまいます。避妊失敗に気付いたら、すぐに対処を行うようにしましょう。

妊娠率(生理周期に関係なく、ノルレボ錠の服用後に妊娠してしまった割合)

1.1%

妊娠阻止率 0~72時間の服用

(妊娠の可能性がある時期(排卵日近辺)の性行為を防ぐ割合) 

85%

妊娠阻止率 24時間以内の服用

95%

妊娠阻止率 25~48時間の服用

85%

妊娠阻止率 49~72時間の服用

58%

アンウォンテッド72の副作用・注意点

アンウォンテッド72は副作用が少ない

アンウォンテッド72は従来の緊急避妊法であるヤッぺ法よりも、副作用が少ないノルレボ法です。ほとんどの方に副作用は起こらないとされていますが、頭痛や吐き気、倦怠感、眠気、胸の張り、下腹部の痛みなどが起こる場合もあります。通常、このような症状は数時間で改善されます。

また、アフターピルが将来の不妊の原因になることはありません。アンウォンテッド72を妊娠初期に服用しても、胎児に影響を及ぼすことはありません。

アンウォンテッド72を服用できない人(禁忌)

以下のような方はアンウォンテッド72を服用することができません。

  • 重篤な肝障害のある方
  • 妊娠中の方

アイピルの服用に注意が必要な人

以下のような方はアンウォンテッド72の服用に注意が必要です。服用前に医師に相談してください。

  • 肝障害のある方
  • 心疾患・腎疾患又はその既往歴のある方

肥満体型の場合、避妊効果が低下するおそれがある

体格指数を表すBMIの値が26以上になると、避妊効果が低下するおそれがあります。

授乳中でも服用できる?

アンウォンテッド72の成分は乳汁中に移行するので、服用後24時間は授乳を避ける必要があります。

アンウォンテッド72の飲み方

アイピルのシート

避妊に失敗した性行為の72時間以内に1錠を服用します。

服用が早ければ早いほど、避妊効果が高くなるので出来るだけ早く飲みましょう。

服用後、吐いてしまった場合の対処法

服用後、2時間以内の嘔吐は、避妊効果に影響が出る場合があります。アフターピルの成分を体内に吸収できていない可能性が高いからです。

すぐに1錠を再度服用してください。副作用が心配な方は、吐き気止めと一緒に服用しましょう。

関連: アフターピル服用後に吐いた場合の対処法

アンウォンテッド72を飲んだ後の生理で避妊に成功したか判断できる

アンウォンテッド72の服用後、避妊に成功していれば早くて3日後、遅くても3週間後に生理が起こります。

生理が来たと思っていても着床出血の可能性があります。性行為から3週間経ったら、妊娠検査薬を使って避妊に成功したか確認してください。

関連: アフターピル服用後の生理と避妊効果の確認方法について

生理がこない場合はどうすればいい?

服用から3週間経っても生理がこない場合は妊娠の可能性があります。市販の妊娠検査薬を使って確かめてください。

関連: アフターピル服用後に生理がこない場合の対処法 アフターピル服用後の妊娠検査薬の使用について

アンウォンテッド72の購入方法と値段

アンウォンテッド72を購入するには病院で処方してもらう方法と通販を利用して海外から個人輸入する方法があります。

病院での購入

緊急時には病院で購入しましょう。診療日に行けば、その日のうちにもらえます。基本的に内診はなく問診のみのところがほとんどです。問診で医師が服用しても問題ないと判断したら、処方されます。

アフターピルは自由診療によって各病院が価格を設定できます。そのため、病院やクリニックで価格は異なりますが、アンウォンテッド72のようなノルレボ錠のジェネリックは約10000円で処方されています。ですが、ノルレボ錠のジェネリックを置いているところは少なく、ノルレボ錠しかないところがほとんどです。その場合、価格は14000円~20000円とジェネリックよりも割高です。自費診療になるので、保険は利きません。

基本的に病院では1回分のみの処方になります。吐いてしまったときや次回必要になったときの予備の分は購入することはできません。

関連: 病院(産婦人科)でアフターピルをもらう場合のメリット・デメリット

個人輸入での購入

今すぐアフターピルが必要という場合でなければ、通販での購入がおすすめです。価格が安いだけでなく、病院に行く手間や時間が省けることもメリットです。緊急時に備えてあらかじめ購入できるので、必要なときにすぐに使用できます。通販ではまとめ買いもできるので、吐いてしまったときも安心です。

個人輸入代行サイトの@通販では、アンウォンテッド72が1錠1480円で販売されています。まとめ買いをすると安くなる特典があるので、最安で1錠966円で買えます。また、@通販では妊娠検査薬も販売されています。避妊に成功したかを確実に判断するには、妊娠検査薬で確認する必要があります。薬局やドラッグストアで購入するのが恥ずかしい方は通販で購入しましょう。

通販サイトで購入すると、海外からの発送になるので自宅に届くまで1週間ほどかかります。アンウォンテッド72は性行為後3日間までの使用が推奨されています。必要になってから通販で購入しても間に合わないので、今すぐ必要な場合であれば、病院で購入しましょう。

関連: アフターピルを通販(個人輸入)で購入する場合のメリット・デメリット

血圧を下げるためのメモ帳
Copyright (C) アット通販 All Rights Reserved.